援助交際は無くならない


援助交際をする理由

出会い系サイトに登録している女性らは、一部を除いて、どうして援助交際をしようとするのでしょう。体のつくりからして、性的感度は女性のほうが上です。セックスをすれば、間違いなく男性よりも気持ちよくなれるのです。

たしかに、性欲の強さでいえば、男性のほうが上でしょう。だからこそ、セックスに関しては、常に女性のほうが優位に立つのです。けれども、出会い系サイトを利用してまで、セックスをしようと考えているエッチ大好きの女性が、どうしてそのうえお金を得ようとするのか。そうしなければならないのか。多くの男性にとっては、不思議でなりませんよね。この項では、その理由についてみていきます。

さて、援助交際をしている女性の多くは、お小遣い目当てです。でも、実際のところは、「みんなもやっているから」というのが、理由として強いのではないかと思います。というのも、出会い系サイトに登録している女性の、約90%ほどが援助交際目当てなのです。顔が良くなくとも、スタイルが悪くとも、ちょっと歳が行っていようとも、みんな「お金ちょうだい」と言っているのです。

たとえばここに、セックスが大好きだけれど、とくべつお金には困っていない女性がいたとします。彼女は出会い系サイトに登録して、セックスフレンドを探そうとしますが、それについて調べているうちに、出会い系サイトに登録するほとんどの女性が、セックスをしてお小遣いを稼いでいると知りました。となると、自分だけタダでセックスをさせるのは、なんだか損をしているように思えてきますでしょう。

どんなルックスの女性もお金を要求して、実際にもらっているというのに、自分だけ無料で体を提供するというのは、馬鹿馬鹿しいにもほどがあります。そのように、みんなもやっているから、という理由で、援助交際を始める女性は少なくありません。援交女性の大半をこれが占めます。

次に考えられるのが、お金に困っているというケースですね。借金を背負っているだとか、家族が重い病気にかかっているだとか、いろいろと理由は考えられますが、最もポピュラーなのは「家出」です。家族とか、学校とか、ともかく今の自分の生活に不満があって、家を飛び出してしまった女の子ですね。

仕事というのは、アルバイトであろうとなんだろうと、そう簡単に、早急に見つけられるものではありません。家を出ているのですから、必要な準備を整えることも難しいでしょう。友人の家を泊まり歩くこともできますが、いくら親切な人でも、家に何度も泊まりに来られたらそいつが疎ましく思えてくるでしょうし、その友人の親が家出人の両親に連絡を入れるかもしれません。やがて家出少女たちは、寝る場所や、食べるものを買うだけのお金を完全に失くし、途方にくれることになります。

多くの場合は、その時点で家出生活を断念して、自宅に帰ることでしょう。でも、虐待やいじめなど決定的な問題が家や学校に残っている場合には、それでも彼女らは、家出を続けようとします。そして、もうどうしようもなくなって、援助交際に手を出すのです。これだけ聞くとかいわそうに思えてきますが、実に小さな問題を、さも人生を揺るがす大問題かのように扱っている子も少なくありません。ですから、実際会ってみれば、それほど感情移入できるわけではありません。従って、あまり難しく考えずに、セックスして、お金を渡しておけばよいのです。

家出少女たちは、何度も同じ男性を頼る傾向にあります。新しく男を見つけるのが面倒だし、知らない人とセックスをするのはやっぱり怖いからです。よって、関係に安定性を求めるのであれば、家出中の女の子を狙うのがよいでしょう。もっとも、若いだけに向こうも相手を選ぶので、誰でも、というわけにはいきませんが。

援助交際をする女性の特徴

援助交際を、単なるお小遣い稼ぎの手段としてみている女性には、それほど嫌味な性格の方はいません。けれども、援交を仕事か何かのように勘違いしている女性には、高慢で、自信過剰、男を蔑むといった特徴があります。そういった女性は、金をもらっているのにも関わらず、「私がセックスしてやるんだ。感謝しろ」とこんなふうな考えを持っています。

そういった女性らは、セックスしてやるという姿勢のわりには、プレイにやる気がなく、イケメンでなければ文句や悪口を言ったり、特定のノーマルなプレイを嫌がったりします。それら高慢な女性に行き当たってしまうと、金を払ったのに満足できないといった状況に陥ってしまいますので、出会い系サイトを使っている時点で、ふるい落としておくべきです。これらのタイプの女性らは、基本的にお金の話しかしません。向こうは曲がりなりにもそれを「仕事」だと思っているので、相手は選びませんが、そのかわり、メールをするなり、本番はいくら、口抜きはいくら、というふうに、料金の提示をしてきます。

そのように、お金のことしか考えていない女性は、先ほど言ったような高慢で自信過剰な方であると思われますので、会うのは避けたほうがよいでしょう。ねらい目としては、やはり家出少女ですね。彼女らは、ひとりで寂しい思いをしているのです。そこに優しいおじさまが現れたら、頼ったり、どうしても甘えてしまったりするものでしょう。援交とはいっても、男性も、きちんと相手を選ぶことが大切です。もちろん、逮捕や社会的信用の失墜といった、リスクは考慮したうえで。